からしからいし

SEのたまごです。タイピング練習中。からしって辛いよね。

java9/30if・・・else文

今日のjavaです。

今日はif ・・・ else文です。


・if ・・・ else文
 if ・・・ else文は、条件がtrueの場合のみ処理をするif文に対して、条件がtrueの場合とfalseの場合の両方に対して処理を指定できる文。
 以下のようにかく。
 if(条件){
  文a1;
  文a2;
  ・・・
 }
 else{
  文b1;
  文b2;
  ・・・
 }
 ここで、条件がtrueの時は文a1、文a2、・・・のみが処理され、falseの時は文b1、文b2、・・・のみが処理される。
 if文と同じく処理したい文が1行だけの時は{}を省略することができる。


・if ・・・ else if ・・・ else
 上のif ・・・ else文の発展で、いくつもの条件に対した処理ができる文。
 以下のように使う。
 if(条件1){
  文a1;
  文a2;
  ・・・
 }
 else if(条件2){
  文b1;
  文b2;
  ・・・
  }
 else if(条件3){
  ・・・
 }
 ・・・
 else{
  文c1;
  文c2;
  ・・・
 }
 このとき、条件1がtrueなら文a1、文a2、・・・のみが処理され、条件1がfalseで条件2がtrueなら文b1、文b2、・・・のみが処理され、・・・と続き、すべての条件がfalseの時は文c1、文c2、・・・が処理される。
 また、どの条件もfalseの時に何も処理をしないのなら最後のelseは省略してよい。

 

今日は前回の発展でした。いくつもの条件に対応した処理ができるようになりました。


今日の内容を使ったプログラムです。
class Sample0
{
 public static void main(String[] args)
 {
  int x = 1;
  int y = 3;

  if(x == 2){
   System.out.println("xは2です。");
  }
  else{
   System.out.println("xは2ではありません。");
  }

  if(x+y <= 1){
   System.out.println("x+yは1以下です。");
  }
  else if(x+y <= 2){
   System.out.println("x+yは2以下です。");
  }
  else if(x+y <= 3){
   System.out.println("x+yは3以下です。");
  }
  else if(x+y <= 4){
   System.out.println("x+yは4以下です。");
  }
  else if(x+y <= 5){
   System.out.println("x+yは5以下です。");
  }
  else{
   System.out.println("x+yは5より大きいです。");
  }
 }
}


これを実行すると、
xは2ではありません。
x+yは4以下です。
と表示されます。

 

新・明解Java入門 (明解シリーズ)

新・明解Java入門 (明解シリーズ)

 

 


にほんブログ村